【業務日記】with コロナ with you

6月も終わりに差し掛かり梅雨の中休みの30℃を超える本日は大変良い天気、藤沢市鵠沼と鎌倉市腰越の担当現場を往復しております。

緊急事態宣言と自粛が解除され、日々の日常が戻ってきたように思われます。


立ち寄ったホームセンターもご家族連れで賑わっておりました。



しかしながら、『with コロナ』がすっかり浸透している日常が当たり前の光景になっていました。


レジの順番待ちは距離を取り、ソーシャルディスタンス。レジでは飛沫防止フィルムが貼られ、お会計はトレーでの受け渡し。これが今では常識です。


私ども業界も当然『with コロナ』で業務を行っており、テレワークやリモートが出来る業種では無い為、コロナ前+αの取り組みとなっています。



 ①業務中のマスク着用

ご在宅現場での業務中は基本的にマスクを着用しています。3月下旬のコロナ禍初期のころは、無理に洋服を着せた猫のように??慣れず違和感を感じながら着用していましたが、もう慣れて当たり前に。

しかしこの暑さですから不織布マスクは汗で濡れてしまい息苦しくなってしまいます。そこで繰り返し使用できる布生地のマスクを着用しています。
(写真:たっつー)



 ②密にならない作業

同じ空間に多数人がいると悪条件になりますので、密が発生しないよう分かれて作業を行っています。なかなか難しい場面もありますが、仕事以外でも皆さん当たり前になっているので自然と距離を取っています。



 ③手指の消毒

着工前の現場では携帯用ハンドスプレー、事務所では据置型の消毒剤を使用しています。



 ④日々の体調管理と体温測定

額で検温するタイプの体温計、脇に挟む体温計に慣れているせいか、初めておでこに向けられた時は「撃たれるのでは、、、」と少し警戒してしまいました。
 
「俺も、ここまでか、、、」なんて。





移動中に立ち寄った七里ガ浜、こんなコロナ禍でも海の景色は変わらず綺麗でした。これからも皆様へ安心とご満足をご提供させて頂きます。


ブログ担当 伏見直紘

  • リフォームお見積り・現地調査無料