【現場日記】11月の中旬

11月も中旬に入り、冬支度が徐々に進む毎日、
だんだん朝夜と昼間の寒暖差が厳しくなってきました。


甚大な被害をもたらした台風15号と19号の家屋の復旧工事も、私共が抱えている物件はようやく7割程度完了しました。


ヤフーニュースでこんな記事が、

『米格付け会社が台風15号と19号で発生した日本の損害保険会社の保険支払額が全体で2兆円を超える試算を発表、2年連続で過去最大額。』

この様な自然災害が増えれば保険料が上がるのも致し方ないのかなと思ったりします。


さて、今日は鎌倉湘南の海がほど近い所で行っている現場からです。



かつて母屋として利用していた建物を皆さんに利用してもらおうという事で、内装の改修工事を行っています。



まだまだ仕上りは見えていませんが、棟梁頼みますよ~!



会社に帰ると毎年恒例の来年カレンダーが届いていました。袋詰めをする準備は完了のようです。あとは誰が最初に手を付けるのか、、、


そういう時は僕が率先してやります。

まずは心の準備から始めたいと思います。(←皆ここで止まってます)


ブログ担当 伏見直紘

  • リフォームお見積り・現地調査無料